頸部の痛み

頸部痛の原因は頸椎の変形、頭を支える筋肉の疲労からくる痛みや肩こり、頸椎変形や椎間板ヘルニアからくる頸椎症性神経根症、胸郭出口症候群など、種々の原因からおこります。

1.頸椎症性神経根症
 頸椎から上肢に行く神経が頸椎部で圧迫され炎症を起こすことにより、肩甲骨周囲や肩部、上腕部に強い放散痛を生じます。上を向いて首をそらすことにより痛みが悪化するのが特徴です。
痛みが強い場合、通常の鎮痛薬だけでは改善しないため、リリカなどの新薬を併用します。それでも劇痛が続く場合、当院では、状況により、エコーを使用して、神経をブロックする治療を行っています。エコー使用して直接、神経、針先を見ますので安全に行えますが、主な治療は内服薬によります。
この場合、整体治療などを行うと症状を悪化させ、最悪麻痺をおこす可能性がありますので十分注意してください。
診断にはMRIなどにより確定します。

 2.胸郭出口症候群
 頸椎から出た神経が束になり、鎖骨の上に頸部を通り腕に行きますが、そこで神経を圧迫されることにより上肢手のしびれや痛み、だるさ、肩こりなどを生じます。首の長いなで肩の女性に発症します。姿勢の改善、体操などの指導が必要です。

3.肩こり
 頭を支え動かす筋肉は多く、姿勢やストレス、頸椎の変形、血行不良、神経の圧迫などいろいろな原因で生じます。温熱治療、姿勢の改善、運動、筋膜ブロック、内服薬などで根気よく治療することが必要です。

a:1582 t:1 y:7