新しい鎮痛剤

リリカ
最近、今までの薬では効果が少なかった神経へのダメージによる疼痛、シビレなどに有効な薬剤が発売されました。神経の傷害からくるシビレや疼痛には、かなり有効のようです。

頚椎や腰椎のヘルニア急性期の痛みは、整形外科へ来院する患者のなかでも除痛が難しく、これまでは強い鎮痛剤や座薬などで対処してきましたが、胃潰瘍などの副作用を起こす危険が高く、除痛にも限度がありました。

そういう痛みに対しリリカが有効なことがよくあります。これにより疼痛のコントロールが今までより容易になりました。今後も使用する機会が増えると思われます。

ただ、ふらつきなどの副作用がありますので、投与法には慎重を要します。また、どんな痛みにも効くわけではありません。あくまで神経への傷害に対する痛みやしびれ、異常知覚に有効な薬です。まず正しい診断が必要になります。

トラムセット
新しい種類の鎮痛剤です。従来の鎮痛剤(主なものはロキソニン、ボルタレン、セレコックスなど)は副作用として胃潰瘍、腎機能害などがあり、長期処方するときに、常にこれらの副作用に注意が必要です。
トラムセットは胃潰瘍や腎機能障害の副作用がこれまでの製剤より少なく、しかも鎮痛作用が強力です。
しかし、この薬剤は吐き気、便秘、眠気などの副作用がありますので、従来の薬剤で効果が少ない時に、慎重に投与しています。

これらの薬剤を上手に使用することにより、今までより痛みのコントロールが容易になってきました。

ノルスパンテープ
貼る痛み止めとして、ユニークな存在です。強力な痛み止めがテープに塗りこまれており、貼ることにより、皮膚を通してその成分が吸収されます。主に副作用などで内服薬が飲めない方に投与します。