当院でのペインクリニック治療

1.筋膜部のブロック
 腰痛、頸部痛、肩こりなどに対して、エコーを使用して筋膜部に局所麻酔などの薬液を注射することにより、薬液が安全に効果的に広がります。

2.頸部の神経ブロック
 後頚部から肩甲骨部、肩、上肢に広がる痛みは頸椎から手、背部に伸びる神経の炎症によりおきます。痛みは激痛になることがあり、耐えられない痛みとなる場合は、エコーをみながら、神経の近くに薬液を注射します。これを安全に行うために熟練を要します。

3.硬膜外ブロック
 腰から下肢にかけての劇痛、しびれの原因は腰椎での神経圧迫が原因となります。薬剤治療で、痛みの改善が乏しい場合のみ施行します。

4.腰椎部の神経根ブロック
 ヘルニアなどが原因で腰椎部で神経が圧迫されている場合、レントゲンで部位を確認しながらブロック注射を行います。

5.関節や靭帯、腱の痛みに対するブロック
 エコーにより炎症が強い部位は充血しているのが確認できます。
その部位を確認して、正確に痛みの原因となっている部位に注射します。

当院では痛みを早く治すために積極的に各種ブロック治療を行っていますが、注射が嫌いな人には、他の保存治療を行っています。

a:3722 t:5 y:5